« 伊江島・瀬底島 | トップページ | 食いしん坊日記(番外編) »

2006年5月 4日 (木)

渡名喜・久米・奥武・オーハ島

  さーちーの島巡り、早速の第2段!(ちょっと、ペースが速いぞ!) 今回は久米島周辺です。

島といったら、やっぱり船旅でしょ~!・・・と、自分が船酔いしやすい体質であることも忘れ、泊港から「フェリーなは」で10年ぶりくらいに片道4時間の船旅にしゅっぱ~つ!

・・したのですが、やっぱりダメでした・・・。o...rz.......(ダウン・・)人間、体質って変わらないのね・・。じきにさーちーのお船にお魚がいっぱい集まってきました。ちなみに、飛び魚って50メートルくらい飛ぶんだよ。

近くとはいえ、やはり東シナ海?、侮れない・・・(天気は曇りだし、波も荒かったのよ~!・・でも、全乗客中酔っていたのは私だけなのはなぜ・・)。

途中のPhoto_13渡名喜島が待ち遠しかった~(涙)。動かない地面って素晴らしい~。

Photo_14 でも船は、渡名喜島では降りる人を降ろすだけで(一時上陸した人はさーちーだけでした。でも野望達成のために無理矢理降りた!)、無情にもまたすぐ出航したのでした(当たり前か・・)。

帰りは絶対飛行機で帰ろうと胸で繰り返しつつ、4時間後にようやく今回の目的地、久米島に到着したのでした。

  ********************************

さて気を取り直して、

久米島の名物といえば・・

Photo_15 ご存じ、←「久米島の久米仙」(工場見学あり。今は楽天イーグルズのキャンプ地となっている関係で、応援ラベルの泡盛も売っている)

Photo_17← 「久米そば」(あっさり味でおいしい。どこでもご当地そばがある。)

Photo_18

←「ミーフガー」(ミミガーではない。似ているけど。食べられないし。景勝地です。)

Photo_20 ←果ての浜(ボートで片道20分で行ける沖合の砂州。海水浴に最適)

Photo_19

 あと、海はもちろんキレイです。どこ行ってもキレイなので、最近あまり感動しなくなってきましたが(人間、慣れって恐ろしいですね~)、夕日がきれいな←「アーラ浜」を独り占めして散歩できるのには感動しました。東京なら、こんなところ、カップルでいっぱいですよ~。

Photo_31

夜は亀吉っていうお店で、島料理を食ったあ。お腹いっぱいだぞう。さすがに久米島だけあって泡盛は久米仙のお酒しかありませんでした。さーちーは久米仙とシークワーサーのカクテルなんぞを飲んでみました。地元?のお客さんでいっぱいでした。

**********************************

 次の奥武島は、久米島とは橋でつながってるので、楽勝で車でゲット!

 今は「バーデハウス」という海洋深層水を使ったバーデスパが有名。Photo_22 隣にウミガメ館が並んでます。

Photo_24 ウミガメで有名なだけに(?)、そのすぐ前のビーチには、亀の甲良そっくりな岩が並ぶ「畳石」があります~。亀の甲良同様、藻が生えててつるつるするので気をつけて・・(って自分が転んだから、そう思うだけ?)

 **********************************

と、今回の旅、ここまでは3島とも順調でした(渡名喜島の自分の状態を順調といえるのかどうかはさておき・・)。しかし、難関は、オーハ島!干潮時には奥武島とつながって歩いていけるのでは・・?とみせかけておいて・・・

Photo_25 ←これくらい目の前なのに微妙につながっていない~(涙)!石を投げれば届きそうなのに・・(400メートルくらいとのことだけど、干潮時はもっと近いと思うな)。

  といっても、野望達成のためには、これくらいであきらめていられません。うみんちゅ(海人)としては、これは泳いでわたるしかない!

 ・・・・・・・・というのができればいいのですが、うみんちゅ若葉マークのさーちー、今回は「ハテノ浜観光サービス」さんにチャーターをお願いして(1人2000円。ちなみに、オーハ島との公的交通手段はない)、渡してもらうことにしました・・(←気弱)。

  Photo_26         夕方、「物好きだな~」と言いたげな船長さんを後にして、オーハ島上陸! 

 それもそのはず、この島は4世帯7人のみが住んでいる0.37平方キロメートルしかない超小さな島なのです。上陸時には、ちょうどそのうちの1人であるおじいが「もずく漁」から帰ったところ。おばあと2人で船からもずくを取り出して浜へ運んでいました。

Photo_27

Photo_32

 ←島は、こんな感じの木でいっぱい!パイナップルみたいな実をつけて、葉っぱはギザギザです。浜で、おじいの帰りを待っている別のおばあは、「ヤマトコトバではよく分からんけど、島ではアダニって呼んどる」と教えてくれました。

※ 帰ってからネットで調べたら亜熱帯に生える「アダン」「タコの木」とそっくり。これでしょうか~?

島には、舗装された道はなく、4つのおうちへの道だけが、ジャングルのようなアダンの木の林の中に切り開かれています。船長さんに、何度も「林の中に入ると遭難するから気を付けて」と言われて、こんな小さな島で遭難するの?!って思ったけど、これは確かに迷っちゃいそうです。ハブも出るそうです。ちなみに、ハブクラゲに注意っていう看板が海辺によく出てたけど、どんな生き物??

・・・ってな感じで、多少の困難を乗り越えつつも、今回は合計4島制覇!

                                 全島制覇まであと42島!!

|

« 伊江島・瀬底島 | トップページ | 食いしん坊日記(番外編) »

コメント

さーちーそんな野望を持ってたのね。らしいです。船酔い相変わらずだめなのね。私もニュージーランドでドルフィンスウィム、ホエールウォッチングで船に乗ったけど、かな〜り酔いました。ご当地そば私も食べたいよ〜!とりあえず今は目前のNYで頭がいっぱいなのです。ではでは♪

投稿: 東 千里 | 2006年5月 8日 (月) 21時50分

おもしろいです。沖縄,行きたくなってきました。○○房に代わる安くておいしいお店,チェックしといて下さい。

投稿: もちご | 2006年5月 9日 (火) 23時21分

さーちーさん初めまして。
沖縄に関する情報を探していたら,さーちーさんのページを見つけました。
私も最近沖縄にやってきたのですが,あまり沖縄のことを知りません。
このページを参考にして,私もいろいろな島に出掛けてみようかなと思っています。

投稿: トランポリン | 2006年5月10日 (水) 21時17分

さーちーさん,こんにちは。
私のbest friendも,仕事の都合で最近沖縄に引っ越しました。頻繁に会っていたので寂しいですが,さーちーさんのブログを見ながら,彼女が見ている海や空も,こんななのかなあと想像して,楽しませてもらっています。全島制覇に向けて,頑張ってくださいね。

投稿: しゅなうざあ | 2006年5月14日 (日) 13時21分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渡名喜・久米・奥武・オーハ島:

« 伊江島・瀬底島 | トップページ | 食いしん坊日記(番外編) »