« 続・泡盛体験2【久米仙・菊の露・龍・松藤】 | トップページ | もう一つの水納島【シマシマ巡り本番編】  »

2006年10月13日 (金)

涙そうそう(ちょっとネタばれあり)

さーちー、とうとう話題の映画「涙そうそう」に行ってきました。
当然のごとく、さーちーもナダソウソウ(←注:涙ぽろぽろって意味ですよ。)になってきました。
会場の観客も映画が終わった瞬間一斉にあちこちで咳払いが始まりました。久しぶりの?大感動でした。日本映画もいいなあ。
ちなみに、映画館は、この映画の中で出てきた沖縄唯一の観覧車が隣にある北谷のMIHAMA7PLEXというところで、映画館の入り口には、ちゃんと主演のお2人のサインも飾ってありました。

 映画の筋をあまりばらさないようにすると、要するに、妻夫木君がお兄ちゃんで長澤まさみちゃんが妹の、沖縄育ち、沖縄在住の「兄妹愛」(だけじゃない?!)のお話です。
 あの夏川りみのヒット曲「涙そうそう」が、この映画の主題歌で、この歌がテーマになっているのです。この歌って、作詞の森山良子さんが亡くなったお兄ちゃんを想って作った歌だって、知ってました?(←すみません、いきなりネタばれしてます・・。でも大丈夫です、ストーリーで魅せるタイプの映画ではなく、演技と映像で魅せる映画です!)。

 いやあ~、主演のお2人とも、まったく内地顔であるにもかかわらず(←って、余計ですね。笑)、うちなー口(沖縄弁)がとてもうまくて自然です。うちなー口のイントネーションってすごく難しいのに、さすがです。
 で、この素直すぎるほどのまっすぐな(ある意味馬鹿正直すぎる)お兄ちゃんに、妻夫木くんというのはハマリ役で、映画中、彼の不器用でひたむきな姿がさーちーは泣けたのですが(もっとも、ちょっとダメ押し的な演出もありますが。笑)、映画全体を通した印象としては、明るくて元気で可愛くて、でも実はお兄ちゃんよりも大人なところのある妹役のまさみちゃんが良かったです~。まだ若いのに(!)、作中、チェ・ジウ張りに、「涙の女王」してました。あと、一体何度「兄ぃにぃ~(お兄ちゃん)」というセリフを言ったことか(笑)。でも、うちなー口の「にぃにぃ」「ねぇねぇ(お姉ちゃん)」って、響きが優しくて、親近感が湧くので、さーちーも大好きな言葉です。彼女が場面、場面で、違う想いをこめて言う「にぃにぃ」のセリフ回しの違いに注目です。

 あと、もちろん映像は、オール沖縄ロケをしたというだけあって、沖縄の魅力満載で、海あり街あり台風あり!(笑)です。沖縄に住む人の強さと、苦しさと、優しさが垣間見えるエピソードがそこここに感じられて、これまた切ないです。ちなみに、妻夫木くんが住んでいる家の中はセットだということですが、家の中の小道具や、建物の外のお庭の様子とか、屋上の柵の模様とか、とっても沖縄らしいです~。

 沖縄の雰囲気と、純粋な想いを感じて素直に泣きたい人にオススメ!です。

|

« 続・泡盛体験2【久米仙・菊の露・龍・松藤】 | トップページ | もう一つの水納島【シマシマ巡り本番編】  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95016/3792597

この記事へのトラックバック一覧です: 涙そうそう(ちょっとネタばれあり):

« 続・泡盛体験2【久米仙・菊の露・龍・松藤】 | トップページ | もう一つの水納島【シマシマ巡り本番編】  »