« 春のお知らせ | トップページ | 島島巡番外編:爽知的台湾旅行 »

2007年1月26日 (金)

むーちーです。

お正月気分も一新、再びハイビスカス満載のバージョンに戻ったさーちーです。
お正月期間中、帰省(?笑)していたくぅーちーちゃんも、戻ってきました(笑)。

というわけで、明日はむーちーです。
むーちー」・・・
なんだか、「さーちー」と「くぅーちー」の親戚みたいですが(笑)、レッキとした沖縄の行事です。

沖縄では、基本的に旧暦で行事を祝うのですが、コレは、旧暦の12月8日(今年は明日)に、月桃の葉で包んで蒸した、平たくて長方形の形の甘いおもち、「ムーチー(餅)」を作って食べるというものです~。
 お餅の色は基本は白だけど、黒砂糖やとうきびや紅いも混ぜたり、食紅で赤く色を着けたりもするそうです。
 これを神棚や仏壇、かまどなどに供えて、厄払いと家族の健康を祈願するのですが、特に子供の健康を願う行事のようで、子供が生まれて最初のむーちーには、ご近所さんや親戚にお餅を配るそうです(結構な出費になるとのこと・・)。また、子供がいる家庭では、子供の年の数だけ、むーちーを結んでつるすそうです。

 あと別名「鬼餅(オニムーチー)」ともいい、むーちーにまつわる鬼退治の昔話もあるそう(妹が、鬼になってしまった兄をむーちーを使って退治するという恐い話・・)。 

 なんだか、時期的にも、「年の数だけ」という点も、「鬼」のお話がある点も、内地の節分の「豆まき」を彷彿とさせますね~。あ、子供の日の「柏餅」にも似てるかな。

 ちなみに、聞いてみたところ、うちなんちゅの子によれば、それぞれ自分の年の数だけむーちーを食べれるので、子供の頃は毎年、その数が増えて嬉しかったそう(そもそも、そんなに10個も12個もたくさん、むーちー食べれるのか(笑)?!)。
 なお、あるうちなんちゅ本では、「一般的には月桃の匂いというのはかなり好き嫌いのある匂いと思われるが、恐ろしいもので、沖縄人は子供の頃からむーちーは美味しいものという刷り込みがされているので、沖縄人で月桃の匂いが嫌いな人はまず、いない」と書いてありました(笑)

 ちなみに、むーちーの時期は、毎年もっとも寒い時期だそうで、この時期は「鬼餅寒」と書いて「むーちーびーさ」と呼ばれていますが、今年は暖冬なので、そんなに寒くなることはなさそうです~。

|

« 春のお知らせ | トップページ | 島島巡番外編:爽知的台湾旅行 »

コメント

沖縄でかまどや大きい黒砂糖とかを祈願したかった。


投稿: BlogPetのくぅーちー | 2007年1月28日 (日) 10時26分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: むーちーです。:

» ハイビスカスとシーサーと私 [沖縄!シーサー陶芸体験工房]
漆喰シーサーは一度で二度美味しいんです。 琉球窯でスタッフと共に造形に着手し、 家に完成品が届いたら、今度は絵付けをして楽しめます。 是非可愛く色を塗ってあげてくださいね。 頭につけたハイビスカスが沖縄っぽくて、とても可愛かったです���♪ [続きを読む]

受信: 2007年2月 8日 (木) 08時58分

« 春のお知らせ | トップページ | 島島巡番外編:爽知的台湾旅行 »