« 台湾二日目:散財爽知編 | トップページ | 台湾三日目:非情城市編 »

2007年2月 5日 (月)

宜野座キャンプ・レポート

はいはい、こちら現場レポーター、さーちーです~。
(台湾編が終わっていませんが、今日は割り込み)

現在、何と沖縄にはプロ野球球団8つもキャンプに来ています。
平常時には沖縄県の人口約150万人中に占めるプロ野球選手の割合は0に限りなく近いはずなのに、なんと今は3000人に1人は、プロ野球選手ということに!(1軍約70人換算。さーちー調べ。笑)。超インフレです。
Photo_346というわけで、さーちー、キャンプが始まって最初の週末となる今週末、早速宜野座キャンプに来ています~。

さて、気になるココの球団は、どこでしょう?
ちなみに、この球団のグッズショップで売られていた人気の背番号のリストバンドセットは、「1・3・6・24・39」でした。これで球団が分かる人は、かなりツウですね~(笑)。

ハイ、正解は(あっさり答えを教えちゃいます。笑)、

.

.

.

.

.

Photo_347です!

(ここから先は、アンチタイガースの人は読み飛ばして下さい。笑)

(背番号は、順に鳥谷・関本・金本・桧山・矢野)

球場に行くと、意外にも駐車場はいっぱい
シーズン中の試合がまったく行われない沖縄なのに、キャンプのお陰で地元の人はファンになっているのでしょうか(それとも内地から追っかけ!?)。
Photo_348

沖縄的には、かなりの人が集まっています(しかも、8つのキャンプに人が分散されているはずなのに)。

グランドに近づくと、いたいた、いますよ。
Photo_350 ごくごくフツーにフリー・バッティング練習らしきものがされていて、数人の人が談笑したりしながら、なんだかのんびりした雰囲気でバット振ったりしています(思ったよりもシーズンオフの練習って、緊張感がないのね。笑)。
しかし、普通そうで、よく見ると・・

おお~っ。
黒い文字に黄色い縁取りがされた、新デザインのユニフォームは、まさしく我らが阪神タイガー(急に虎キチぶるさーちー。でも、何を隠そうさーちー、実は年季の入ったタイガースファン。)。
しかも、ちょうど今、金本矢野が出てきたところ!

Photo_351 ←アニキ待機中  Photo_352

←矢野さんが遠くに・・。Photo_353

←桧山さんも素振りしてます。

金本と矢野の2人そろって、バックネットの目の前でトスバッティングとかして、続けて並んでフリーバッティングしてます(報道陣へのサービスか?)。

Photo_354 ←(左が金本、右が矢野)
にわかに活気づく報道陣(ちゃんとカメラも来てました)&ファン。

ちなみに、バックネットにへばりつくさーちーの両隣りを見ると、左のスタジャン姿のおじさんの腕には背番号6のリストバンド、右のおじさんのパーカーの背中にも背番号6。やはり「金本兄貴」の活躍は、40、50台男性に夢を与えているんですね~(でも、金本のバッティングはあまり調子良さそうじゃなかったけど・・まあまだキャンプ始まったばかりだもんね。)。
一方、矢野には、唯一、若い女性3人組がいっせいのせ、で声を併せて「矢野さーん」という黄色い声援をかけて、手を振ってます(矢野はしらんぶりしてましたが・・(^^;)。)。明らかに金本と矢野では応援層が違います(笑)。

是非、来年は、名護でパレードした日ハムのように、宜野座で優勝パレードをして欲しいものです。

Photo_355
さーちーも、優勝の暁には乾杯するつもりで、タイガース泡盛を買って(崎山酒造さんの金武のお酒です。要するに「松藤」だわな。さーちーブログ参照のこと)、キャンプを後にしたのでした~。

|

« 台湾二日目:散財爽知編 | トップページ | 台湾三日目:非情城市編 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宜野座キャンプ・レポート:

« 台湾二日目:散財爽知編 | トップページ | 台湾三日目:非情城市編 »