« 宜野座キャンプ・レポート | トップページ | サクラサク »

2007年2月 7日 (水)

台湾三日目:非情城市編

 3日目は、またまた朝早く起きて(7時30分シュウゴー。ちなみに日本との時差は1時間台湾の方が遅い。)、今度は九份(チョウフェン)ツアーです。(やはり2泊3日のツアー日程は厳しい~(笑))

 九份は、台北から北東に1時間くらい行ったところにある、台湾の田舎町です。
 元「金鉱」で栄えた後、廃れていたのが、「非情城市」という映画の舞台になって有名になった街です。遠目では海辺の山の斜面に建物が立っていますので、ちょっと熱海に似てます。中に入ると町並みは伊香保温泉に似てました(さーちー、世界中どこに行っても関東の街に例えてしまう、悲しい性格です・・)。

Photo_364 ←朝からにぎわっている九份の町並み

Photo_360 ←ちょこっと熱海!?

Photo_363 ←まさに伊香保

Photo_365 ←さーちー定番写真スポット・九份の小学校

 

ガイドブック等によれば、「非情城市」はかなりの名作らしい。トニーレオン主演の今から20年近く前の映画だそうです。(ちなみに、沖縄から帰ってきてさーちーは近所のTUTAYAに直行しましたが、置いてないといわれてしまい、まだ見れていません。どこれ見れるの~。)。

 映画を見ていないのに、映画の舞台になったところというところで、いっぱい写真を撮ってきました(まさに日本人まるだしの今回の旅。笑。)。映画のロケをしたというお茶屋(現在、日本人の奥さんが経営している!)でお茶もしてきました。

Photo_366 ←映画ロケのお茶屋(といわれている店)で飲んだお茶

Photo_367

←ロケ地の階段(だそうです)。なかなか、情緒があります。

Photo_368          

なお、全然関係がありませんが、帰りの高速道路から、台湾のお墓(と思われる。)ものと発見しました。なんと、沖縄のお墓と酷似!民俗学的に貴重な発見!

 その後、今日のツアーの昼食も既述の「台湾ツアー式」であったことはいうまでもありません。おいしいけど忙しいってば・・・。だんだんツアーの知らない人同士で、大皿を回す息まであってきちゃいましたよ。

 その後、免税店なんぞでさらに散財を重ねて、あっという間に(帰りの方が飛行時間が短い。)夕方7時には那覇に到着したのでありました。
 そして、その夜は懐かしの味(大して久しぶりじゃないはずですが、あの台湾弾丸ディナーの数々にすっかりやられてしまいました。)、沖縄そばに舌鼓みを打ったさーちーでした。 

Photo_16

←自分へのお土産の茶器セット(お盆は日本製)。これでプーアール茶人生が始まっております。

Photo_357

台湾のビール(台湾はビールの種類が少ない。味は普通)。青島ビールが有名ですが、こちらではこの台湾ビールの方がメジャーみたいです。1缶40元ほど(160円)。

Photo_359

←台湾のデパ地下(全般的に値段が高い。けど、きれい)

Photo_361 ←台湾の歩行者用信号残り時間が、秒で示されるという親切さ。あと、ヒトガタが動いて可愛い(残り時間が短くなると、走り始める!)。あと16秒で赤ですよということです。

|

« 宜野座キャンプ・レポート | トップページ | サクラサク »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台湾三日目:非情城市編:

» プーアール茶の歴史 [プーアール茶の効能・効果]
プーアール茶の歴史はかなり古く、2000年以上あると言われています。歴史書にはじめて記述されたのは唐の時代であり、明の時代には広く知られるようになり、清の時代には朝廷でも愛飲されていたようです。ラストエンペラー愛新覚羅溥儀も愛好していたそうです。しかし、手間のかかる製造方法が「大躍進政策」にそぐわないとされ、一時は中国本土での生産が断絶してしまいました。現在では、中国でも生産が再開されており、東南�... [続きを読む]

受信: 2007年2月23日 (金) 16時08分

« 宜野座キャンプ・レポート | トップページ | サクラサク »